久しぶりにワクワクできる本に出会いました!

本の名前は、「奇跡のパン」
あの一日5万本売れる「乃が美」の社長 阪上雄司さんが書いた本です。

「乃が美」のパンは、以前プレゼントでいただいて初めていただきました。
最近、僕の近所の横浜関内店がオープンしまして、オープン当初から長い行列ができています。
予約してもなかなか買えない状態が続いていても、味を知ってしまえば一過性のブームではないと
ご理解いただけると思います。

「乃が美」のコンセプトは、子供からおじいちゃん・おばあちゃんまで、みんなを笑顔にできるパンです。いろいろパン巡りをしていますが、こんなに甘くて柔らかいパンは出会ったことがありません。

そんな食パンを作った阪上さんは、パンの焼き方も知らない素人でした。
理想のパンを追い求めて2年、自分のイメージを徹底的に貫き通したそうです。
素人だからこそ、できたパンであるとも言えます。

子供からおじいちゃん・おばあちゃんが食べて喜ばれる。そしてお土産にもなるパン!

そんなパンのコンセプトを実現させるまでの数多くの失敗や奇跡のストーリーがこの本にはあります。
久しぶりにワクワクできました。