ロードバイク小説「スティグマータ」を読んでみた!

ロードバイク・エンターテインメント小説「スティグマータ」を読みました。
ツールドフランスが舞台ということで興味をひかれ購入。

近藤史恵さんの「サクリファイス」シリーズ最新長編は初めて
ロードレースの仕組みやチーム内の役割、レースでの駆け引き、
自転車選手の生活などがリアルに感じられる小説です。

ストーリーは、黒い噂が絶えない、堕ちたカリスマの復活。
選手やファンに動揺が広がる中、ツール・ド・フランスがスタート!
主人公「白石誓」チカと伊庭がツールを走る姿が小説を読みながら目に浮かびます。
「スティグマータ」の意味は「聖痕」この込められた意味は、物語の最後に出てきます。

シリーズ本なので、ハマりそうです。