<ポートフォリオワーカーの極意> 起業失敗でも失業手当 受給権利、3年間保留可能に

本日 日経でこんなニュースが掲載されていました。

「厚生労働省は会社を辞めて起業した場合、失業手当を受給する権利を最大3年間保留できるようにする。
現在の受給可能期間は離職後1年間だけで、その間に起業すると全額を受け取れない課題があった。
終身雇用の慣行に沿った制度を一部見直すことで安全網を広げて起業などの多様な働き方を後押しする。経済を活性化するスタートアップが生まれやすい環境を整える。」

この制度は、これまでは失業保険を受給できる可能期間1年までであったものが、最大3年になるというもの
サラリーマンにとっては、失敗しても三年間は猶予でき 起業しやすくなりますね。
やっと起業家にとって日本という国も環境が整ってきたと言えます。

photo by yukiharu furuya